英語の授業用ゲーム、全部は必要無くても、単語覚えアクティビティ1だけとりあえず知りたい先生方へ


  このページでは、英単語を学習する為のActivityアイデアその1を取り扱っています。
英単語を学習するのは基本的に、生徒にとっては非常に退屈な事です。そしてまた講師は、 「単語を覚えさせたい」と強く願っても、単語覚えだけを授業に取り入れるのは非常に難しい事で、 こればかりは生徒の自主性に任せなければならないところが多々あります。
  この単語覚えアクティビティ1はそんな悩みをかなり簡単に解消出来るアイデアで、 クラスメート、友達同士楽しんで英語を学べるActivityになります。

基本コンセプトは

・「英単語は1人で学んでも詰まらないのでクラスメート同士争ってゲーム形式で行う」
・「『ゲームに勝ちたい』『悔しい』と言う気持ちで学習のモチベーションを高める」
・「人間は笑っている時間が一番脳の吸収が良いとされている」

そして何よりのこのアイデアの良いところは

・単語をたくさん知っている生徒でも簡単に負け得る

と言うあたりで、ゲーム性が高くなっています。

  このActivityを経験した生徒さんの意見感想を抜粋してご紹介します。

  今日は自分の用意した単語ばかり当たって ラッキーでした♪こんな駄目駄目なのに勝っちゃって申し訳ないです。また次回も 楽しみにしてます。今日はどうもありがとうございました。
(S.T.さん)

  ちょっと自分の単語力の無さを痛感。みなさん結構勉強してるの感じて ちょっと考えちゃいました。次回勝てるように頑張ります。
(S.K)

  YOSHIさん「時間掛けすぎないで」って仰いましたけど、普通負けるの嫌ですよね〜。 普通頑張っちゃいますよ。また次回宜しくお願いします。
(R.A)

  今日は単語用意して来なくてゴメンなさい。 ちょっと運営の邪魔になっちゃいましたね。またお邪魔します。
(M.W)

  このActivityを利用された講師さんの意見感想を抜粋してご紹介します。

  ○○を試しました。 このアイデア、いいですね。何よりも、一番英単語を知ってそうな生徒でも簡単に負けかねないので 出来ない生徒も一生懸命になってた事が一番良いところと感じました。 別のアイデアも試してみます。ありがとうございました。
(T.I.)

  アイデア自体は凄くいいのに、単語を用意してきてと言ったのに用意しない生徒とか がいてちょっと白けちゃいました。いっそこちらで用意…とも思うのですが、そうすると どんでん返しが少なくなっちゃいそうでそれも詰まらないですよね…でも生徒の用意が悪いのは 指導力の問題ですよね。次回この辺を注意して頑張ります。
(R.T)

  罰ゲームアイデアの2番で試してみました。グループによっては凄い早さで 決着が付いたりしてるところもあって、最初からもう一勝負させるなどちょっとテンテコマイ しました。他グループを一斉に管理するのがやや難しいところですね。 でも生徒達は楽しそうでした。
(J.H.さん)

  罰ゲームアイデアの3番で試したのですが、やはりお勧めの2番が良かったと ちょっと反省。楽をし過ぎちゃいけませんよね。
  私のイメージでは1番の方が生徒が楽しそうに学びそうなイメージが沸くのですが、 確かに仰る通り時間が掛かるかも知れませんね。色々検討してみます。 (N.N)

◆【TOPページ】   【その他授業アイデアリスト】◆
◆【その他各アイデア授業の受講者、利用者からの意見感想(抜粋)】◆

リアクション大王、意地悪おやじ、いじめられタレント、クラスに様々な個性が乱れ飛ぶ!
ID30:単語覚えアクティビティ1の購入申し込み
(1,000円)


  (これからこの商品を購入しようと思っている方達に誤解の無いように コメントをしておきます。

  当商品はアイデア集の中の単品販売です。 1つのアイデアに関する実用例、注意点、実用した結果に得たレッスンイメージなどに 関し、数ページを使って説明しているだけの決して『量』を感じさせる商品ではありません。
  しかしこれは、インターネットや書籍などを探せばどこかで見つかるであろう「情報」 ではなく、私が漏らさない限り私の中でだけで利用されて埋もれるであろう「アイデア」です。
もしみなさんが当アイデアを利用し、その日は「楽しい授業を提供出来た」と感じて頂けたら 当商品の価値はあったと判断して頂きたいと思っています。)


上記「単語覚えアクティビティ1」の特定商取引法に基づく表示

上記アイデア試用時のポイント表(全て10点満点。多い方が良い評価です。)
対象レベル:1〜6(単語自体のレベルでいかようにも調節出来ますが、高いレベルには単語だけでなく
文法要素やリスニング要素も加えたアクティビティを勧めます。)
活動形態:3〜6人グループ、何グループでも同時進行可能
学習濃度:7
盛り上がり度:8
準備簡単度:9

当アイデアを利用した先生方の感想を是非お聞かせ下さい